1. >
  2. 実家父の新しい相棒犬!

実家父の新しい相棒犬!

私の実家では、私が小学生の頃からシーズー犬を飼っていました。

愛嬌があってとても可愛い子だったのですが、私が結婚する数か月前に16歳で亡くなっていましました。

実家は父親が一人なので、私が家を出た後寂しいと思い新たにシーズー犬を迎えました。

初めは、前の子を思って飼うことを渋っていた父でしたが、いざ飼い始めるととても可愛がっています。

可愛がりすぎて、たくさん食べ物をあげてしまい体重増加が気になりますが、良かったと思います。

ペットを飼う責任

ペットを飼うのには、必ず最後まで責任を持ってお世話をする覚悟が必要だと思います。

ペットショップに可愛い子犬や子猫が並んでいるのを見ると飼いたくなるのは分かりますが、引越しや何らかの事情で飼えなくなった時、簡単に保健所に連れて行ったりといった無責任なことはしないで欲しいです。

保健所に行ったペットたちがどんな寂しい殺され方をしているか、もっとしっかり現状を知った上で責任を持ってペットを飼って欲しいと思います。

チワワの小さい頃の発作

私はチワワという犬を飼っています。

産まれて3ヶ月ほどの小さい時から飼い始め、今はもう8歳になります!!

飼い始めて1年後くらいから、よく吐くようになりました。

発作のように、苦しそうに吐き気をして、黄色い胃液のようなものを吐いていました。

これがよく続くものだから、動物病院に訪れ、診察してもらいましたが、特に悪いところもなく、小さい時によくある事だと言われました。

やはり小さいのにこんな苦しそうに、一日1回ほど発作がおきて吐いて、していました。

けど食欲は普通にあり、吐く前後だけ大人しくなるだけで、それ以外は普通に元気でした!!!

おおきくなるにつれ、その発作もなくなり、最近は年に何回かくらいで、発作がなくなってきています。

小さいが故に、とても心配してしまっていましたが、今は落ち着いているので安心です。

最近は老化で少し大人しくなってきました。

ペットと快適に過ごす為に考える事。

ネコちゃんと一緒に生活をする上で、

賃貸をされている方々は、家探しも結構苦労される事と思います。私も実際にそうでした。

壁で爪とぎにしてしまったり、おトイレの心配、近隣住民の方々へ、鳴き声、足音などで、ご迷惑がかからないかなど、実際に私が猫と生活を始めて、驚いたのは猫の足音でした。

今回は賃貸の家の事や、新居への引越し前に準備した物についてシェアしたいと思います。

先ずは、家探しにおいて、最近ではペット共同住宅で大手の不動産屋さんが掲載しており、

そこでは、入居前にペットに対しての審査も行ったり、

今まで、起こったペットの行動などでの問題など、飼い主と不動産の方との面談もあったりと、ペットと一緒に生活をする我々にとって、確り、家族として扱って貰えている。と言うようなサービスがあり、安心感を持ってそこで、ペットとの共同生活を過ごせます。

夏場はペットの熱中症なども考慮され、お手紙が送られて来ます。

ペットを飼っている方々それぞれが常に考えらっしゃる事とは思いますが、私は、お手紙を頂くと、今まで以上にペットとの生活環境に対しても考えられるようになりました。

次に、家に猫が来たのは、産まれて約半年たった頃でした。母猫が壁で爪とぎをする子だったので、

来る前に、先回りし、壁に爪とぎ防止のシートを貼りました。

家に来て少しの間は壁に向かって、爪とぎをしようとしましたが、シートでツルツル滑って出来ないのが分かったのでしょうか、爪とぎの玩具や、キャットタワーを部屋の何ヶ所かに設置したところで、爪とぎをする様になり、未だに、爪とぎで部屋をボロボロにされる事はありません。

匂いに関しても、昔猫を飼っているお家に行くと、猫の匂いが結構していたように思います。

現在家では、ヒバオイルやaromaオイルなどを使い、拭き掃除をしております。

その為、臭いはほとんど無く、防臭、防虫、殺菌効果もあるので、来客が合っても恥ずかしくなく、人を招く事が出来ます。

作り方としては、無水エタノールと蒸留水を半分でオイルを数滴でスプレーを作る。

お湯をはり、オイルを数滴で雑巾がけ用など、

お掃除にとても役立ちます。

aromaオイルはペットに負担になる物もあるので、

調べて使ってみるといいと思います。

スペアミント、ユーカリ、オレンジスイート、ヒバオイルなどを使ってみるといいと思います。

トイレ周り、猫ちゃんは吐きあとなどあると思うのですが、スプレーはかなり重宝出来ますよ!

犬や猫をお家の中で飼うのに際して、

1番問題になるのが、鳴き声や、走り回って、近隣住民の方々にご迷惑になってないかなど、気になるところだと思います。

私も初めて猫と一緒に生活を始めた時に、猫の足音が結構な音だと気づき、気になりました。

その為、ペット共同住宅とは言え、

問題になりそうな事ははじめから出来ることはしようと思い、防音シートを床にはり、その上から防音マットを敷きました。

猫ちゃんにも快適に過ごして欲しいと思えば、

問題になりそうな事を先読みして、防ぐ事は出来ると思っています。

自分自身も含め一緒に生活をするペットが快適で安全に過ごす為には人が考えなければならないと思っております。